キッチン収納

「キッチンが狭い!」というお悩みを抱えている方はいませんか?

 

広いキッチンは、憧れの的!しかし現実には、「今あるキッチンを広げる」というのは、難しいものです。
そんなときには、収納家具を変更し、理想のキッチンに近づけてみませんか?

 

今回は「キッチンが狭い!」というお悩みを解決してくれる収納アイテムを、3つご紹介いたします。
キッチンのタイプに合わせて選択してみてください。

 

■キッチンの通路の幅が狭い!という方に

一戸建てであれば、比較的余裕をもって作られているケースも多いのですが、賃貸マンションなどの場合、キッチンの通路幅が限られているようなケースも少なくありません。

 

この通路は、単純に「人が通れれば良い」というわけではありません。キッチンで作業をする人にとっては、大切な行動範囲となっています。

 

ただでさえ狭い通路幅に、数人が立って作業をしようとするのは大変なこと。「通路の奥にある冷蔵庫から飲み物を出したい!」なんて家族がやってくると、思うように動けず、イライラしてしまうこともあるでしょう。

 

カウンタータイプのキッチンの場合、背面には冷蔵庫やカップボードを置くためのスペースが確保されています。普通のアイテムを設置すると、通路幅が狭くなってしまう場合には、「奥行きが浅い」タイプの収納棚を設置しましょう。

 

【薄型キッチン収納棚】は、なんと奥行がわずか24センチの超スリム設計となっています。壁にピッタリと付けて設置すれば、通路幅を圧迫することなく収納スペースを確保できます。

 

薄型キッチン収納棚

 

例えばキッチンで洗い物をしている人がいても、その後ろをスムーズに移動できるようになるのではないでしょうか。

 

「奥行きが浅いと、収納力が低下してしまうのでは?」なんて不安を感じる方もいるかもしれませんが、そもそも食器棚は、奥行きが深すぎても使いにくいもの。
「所有している食器を前後に並べて収納したものの、実際には、手前にあるものしか使っていない」なんて方も多いはずです。

 

収納スペースに合わせて「よく使う食器」のみを並べることで、効率の良いキッチンを実現できます。

 

ちなみにこちらの【薄型キッチン収納棚】の天板は、作業台としても活用できるように加工されています。
例えば「冷蔵庫から麦茶を出して、コップに注ぐ」なんて行動も、こちらの作業台を使って、非常にスムーズに行うことができますよ。

 

■わずかな隙間も見逃さない!

狭いキッチンを、できる限り使い勝手が良い空間にするためには、わずかなスペースも見逃せません。特に「冷蔵庫の隣」や「食器棚との間」には、隙間が生まれやすいもの。隙間収納家具を上手に取り入れ、収納力をアップしましょう。

 

【キッチン向けすき間収納ラック(ガラス扉付き)】は、わずか20センチの隙間にも設置できる収納家具です。高さのあるデザインを採用することで、収納力を高めています。

 

キッチン向けすき間収納ラック(ガラス扉付き)

 

高さがある収納家具を選択するときには、「リビングからの見た目が気になる!」という方も多いのではないでしょうか。こちらの商品であれば、気になる中身は、ガラス扉で視線カットしてくれますから、自分の好きなように使えますよ。

 

幅は20センチタイプのほか、25センチタイプも用意されています。たった5センチであっても、収納力に差がでますから、隙間を計測した上で、ピッタリのアイテムを選択してみてください。

 

こうした隙間は、通常であれば「デッドスペース」として見逃されがちなもの。「隙間があるから」という理由で、キッチン周辺で使う掃除道具などを置いている方も多いかもしれませんね。

 

しかし、実際には適切な家具を選び設置することで、使い勝手の良い収納スペースとして活躍してくれます。冷蔵庫や作業スペースからも近いので、使用頻度が高いものを片付けておくのがオススメですよ。

 

■ダイニングに収納スペースを用意してみる

飲食に関連するアイテムは、「なんとしてでもキッチンに収納しなければ!」と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、「キッチンではなく、ダイニングに収納しておいた方が、実は便利なもの」も存在しています。

 

具体的には、以下のようなアイテムが挙げられます。

 

・来客用ティーカップセット
・取り皿
・カトラリーセット
・子ども用のお食事グッズ
・清掃用アイテム

 

こうしたアイテムは、キッチンにこだわらず、ダイニングに収納スペースを用意してみましょう。キッチンに収納するアイテムが減ることで、スッキリさせることができます。

 

【棚付きエクステンションダイニングテーブルセット【DNX】3点セット】は、ダイニングテーブルにちょっとした棚が作りつけになっているデザインが魅力です。
「ガッツリ収納したい!」という方にとっては物足りないかもしれませんが、ちょっとしたアイテムであれば十分に収納可能です。

 

棚付きエクステンションダイニングテーブルセット【DNX】3点セット

 

もっとしっかりとした収納スペースが確保したい!と思うときには、ダイニングにチェストやキャビネットを設置してみてください。

 

【ナチュラルモダンリビング家具【GBR】リビングボード(完成品)】は、リビングから見えても、オシャレな雰囲気を実現してくれます。ダイニングに設置しても、周囲から浮いてしまうようなこともありません。

 

 

ナチュラルモダンリビング家具【GBR】リビングボード(完成品)

 

収納力も抜群ですし、中身が丸見えになって、恥ずかしい思いをするようなこともないでしょう。いつでも必要なときに、必要なアイテムをサッと取り出せる点もメリットの一つとなります。またダイニング側に収納を設置することで、子どもや家族が積極的にお手伝いをするきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

■キッチンを広く使いたいなら収納に工夫を

キッチンは毎日欠かさず使う場所だからこそ、「実は不満を抱いている!」という方も少なくありません。もしそれが「狭くて動きにくい!」ということであれば、収納アイテムを含めて模様替えを検討することで、必要十分なスペースを確保できるのかもしれません。

 

キッチンの収納は「多い方が良い」と考えがちですが、豊富な収納エースが作業スペースを圧迫しているとしたら、それはとても残念なことだと言えるでしょう。

 

きちんと収納スペースを確保しつつ、キッチンの動作スペースを邪魔しない工夫をしてみてくださいね。想像以上に快適な空間を、手に入れられるのかもしれません。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ