低めのダイニング

低めの(ロータイプ)ダイニングは身長が低い人でも使いやすいため、小さな子どもがいる家庭を中心に重宝されているダイニングテーブルです。

 

また、椅子ではなくソファーを使用するタイプなどもたくさん販売されているため、昨今主流となりつつあるリビングダイニングといった間取りにも合せやすいアイテムとして人気があります。

 

ただし、選び方を間違えると足が窮屈になって座り心地が悪くなるため、選ぶ際には注意が必要です。

 

そこで今回は、低めの(ロータイプ)ダイニングの概要や種類、選ぶ際のポイントなどを解説してみたいと思います。

 

低めの(ロータイプ)ダイニングってどんな家具?

Aki
Aki
それでは、低めの(ロータイプ)ダイニングの概要を解説しましょう。

低めの(ロータイプ)ダイニングとは

低めの(ロータイプ)ダイニングは、標準タイプよりもデスクや椅子が低く設計されているダイニングセットのことです。

Aki
Aki
テーブルと椅子があらかじめセットになっているのが一般的ですが、別々に選んで購入するというケースもあります。
また、椅子の代わりにソファーやベンチを用いるスタイルもあります。
ダイニングセットというと「テーブル+椅子」が定番と思われがちですが。ソファーやベンチをセットした商品が急速に広まってきていますので、購入の際にはぜひチェックしてみてください。
Nijiro
Nijiro

 

標準タイプのダイニングとの比較

Aki
Aki
標準タイプのダイニングセットは、テーブルの高さが70〜72cm程度です。
それに対して低めの(ロータイプ)ダイニングは、だいたい65cm以下に設定されています。
そして、テーブルの高さに合わせて椅子のサイズも低めに設定されていて、その高さは約40cm(一般的なソファーと同程度)となっています。
Nijiro
Nijiro

 

 

低めの(ロータイプ)ダイニングのメリット

次に、低めの(ロータイプ)ダイニングのメリットを2つほどご紹介しましょう。

 

子どもにも使いやすい

Aki
Aki
低めの(ロータイプ)ダイニングは標準サイズと比較してテーブルや椅子が低く設計されているため、小さな子どもでも無理なく使うことができます。
そのため、食事用のテーブルとしてだけでなく学習机としての利用も可能です。

 

リビングとの共用が可能

椅子をソファーにすれば、ダイニングをリビングとしても使えるようになります。
テーブルの高さが標準サイズよりも低いため、椅子をソファーにすることでリビングのようにゆったりと過ごすことが可能になります。
Nijiro
Nijiro

 

低めの(ロータイプ)ダイニング2選

ここでは、厳選した2つの製品を紹介します。

Wood&Retroデザイン・ダイニングセットDRN/3点セットAタイプ

Aki
Aki
場所を選ばないコンパクトな低めの(ロータイプ)ダイニングです。
テーブルと2脚の椅子がセットになっていて、比較的狭い空間にもフィットさせることができます。

Wood&Retroデザイン・ダイニングセットDRN/3点セットAタイプ

木目が美しいウォールナットのテーブルには丸みを帯びたシンプルなデザインが採用され、天板にはPU塗装が施されているため、水などをこぼしても安心です。
Nijiro
Nijiro
Aki
Aki
また、座面にSバネとウェービングベルトが採用されている椅子には弾力があり、長時間の使用にも適しています。
シンプルなフォルムのデザインも美しく、モケット生地バイキャストレザーを使った2タイプがセットになっています。

 

こたつヒーター搭載リビングダイニングセット【BDG】4点セット

Aki
Aki
3脚のソファーとテーブルがセットになった低めの(ロータイプ)ダイニングです。
最大の特徴は、テーブルに「薄型こたつヒーター」が搭載されていることです。

こたつヒーター搭載リビングダイニングセット【BDG】4点セット

そのため、寒い季節も足の冷えなどを気にすることなく快適に過ごすことができます。
また、テーブル高は、継脚を使うことで37〜62cmまで調節可能です。
ソファーには高級マットレスにも使われている素材が採用されていて、腰や背中などの疲労を軽減してくれます。
Nijiro
Nijiro
Aki
Aki
なお、カバーは取り外して洗濯することができるため、子どもやペットがいるご家庭にもおすすめしたい低めの(ロータイプ)ダイニングです。

 

 

低めの(ロータイプ)ダイニングを選ぶ際に気をつけたいポイント

ここでは、低めの(ロータイプ)ダイニング選びに失敗しないためのポイントを解説します。

大人には座りにくい可能性がある

Aki
Aki
低めの(ロータイプ)ダイニングは、製品によっては標準サイズよりも7cm以上も低くなります。
そのため、あまりにも低いサイズを選んでしまうと、足の長い大人には座りにくくなり、食事や作業の際に悪影響が出るかもしれません。
購入後に気づくと大変なので、商品を選ぶ際には自分や家族の足の長さなども考慮することが必要です。
Nijiro
Nijiro

テーブルと椅子はセットで購入する

Aki
Aki
テーブルと椅子を別々に選ぶと高さが合わない可能性があります。
そのため、低めの(ロータイプ)ダイニングを選ぶ際には、なるべくテーブルと椅子がセットになっているタイプを選ぶことが大切です。

 

低めの(ロータイプ)ダイニングも選択肢に入れてみよう

低めの(ロータイプ)ダイニングにはサイズや椅子の種類などにさまざまなタイプがあるため、住む家や家族構成などに合わせて選ぶことができます。

Aki
Aki
また、ソファータイプを選択することで、食卓をそのまま家族の憩いの場として利用できるのも特徴の1つです。

生活の質の向上が期待できるため、ダイニングテーブルの買い替えを検討しているのであれば、低めの(ロータイプ)ダイニングを選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

 

 

 

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ