お部屋のレイアウト

必要な家具しか置いていないはずなのに、「なぜかお部屋が狭く感じる」「お部屋をできるだけ広く見せたい!」と思っている方、少なくないのではないでしょうか。

 

もともとコンパクトなお部屋だとこれ以上どうしようもないとあきらめてしまいがちですが、少し工夫をするだけでスッキリ見せられるケースは多々あります。

 

そこで今回は、限られたスペースの中で、お部屋を広く見せるコツをご紹介したいと思います。

 

 

お部屋に家具を入れると狭く感じるのはなぜ?3つのチェックポイント

Aki
Aki
お部屋の内観をしたときには十分な広さだと感じたはずなのに、いざ家具を入れてみると狭く感じてしまう、なんてことありませんか。

それは、3つのポイントがバラバラになっている、ということが考えられます。
Nijiro
Nijiro

まずは、お部屋が狭く感じる理由(3つのポイント)からチェックしてみましょう。

 

家具の位置がバラバラ

Aki
Aki
家具を置いている位置がバラバラだと、見えている床の面積が少なくなるのでお部屋全体が狭い印象になってしまいます。

例えば、

 

 

・お部屋の真ん中にテーブルとソファを斜めに置いている。

 

・サイドテーブルや間接照明などをバラバラに置いている。

 

 

といったケースです。

これらの場合、一見空間全体を有効活用しているように見えますが、見えている床の部分(通路)が入り組んで見えるためスッキリした印象にはなりません
Nijiro
Nijiro

また、お部屋に入ってすぐに大きな家具があるという場合も圧迫感を感じやすくなります。

 

家具の高さがバラバラ

Aki
Aki
低い家具の隣に高い家具が置かれ、その隣にまた低い家具がある。そんな高さがバラバラなレイアウトだと乱雑な印象で、狭く感じてしまいます。
ごちゃっとした印象にならないためにも、なるべく全体の高低差が生じないよう意識しましょう。
Nijiro
Nijiro
harry
harry
高さを統一しているからといって、背の高い家具ばかり置いてもいけません。背の高い家具が多いほど圧迫感が増すので、なるべく目線よりも低い家具で統一するのが理想です。

 

家具やカーテン、ラグの色がバラバラ

Aki
Aki
家具の色がバラバラで、お部屋の中にいくつもの色があると雑然と見えてしまいます。
家具単体で見ると、その色だからこそ素敵に見えるというアイテムもありますが、お部屋全体の印象で考えることも大切です。
家具やカーテンなどの色は全体でなるべく3色以内に統一するとスッキリ見えるはずです。
ベースカラーで淡い色を使い、アクセントカラーを取り入れるなどすると良いでしょう。
Nijiro
Nijiro

 

なお、明るい色や無地のものを選ぶ方が圧迫感がなく広い印象になります。

harry
harry
柄もののカーテンやラグを置きたい場合は、大きな柄よりもなるべく小さな柄を選ぶのもコツですね。

 

 

 

収納家具を上手に利用してお部屋をスッキリ見せよう!

Aki
Aki
収納スペースがあまりない、あっても使いにくいというお部屋だと散らかってしまいがちですが、収納家具を上手に使えば広い空間を作ることができます。
例えば、置いておくとゴチャゴチャしてしまう細かいものをリビングボードやキャビネットに収納するだけでお部屋の印象は大きく変わります。
Nijiro
Nijiro

 

リビングボード

 

キャビネット

 

 

ただし、収納家具としてカラーボックスやオープンラックを使用すると、手軽ではありますが、中身がそのまま見えてしまうので思ったほどスッキリしません。

harry
harry
そんな場合は、中身は外から見えないようにボックスやかごに入れて収納すると、グッと印象が良くなります。

 

ラック収納

 

 

また、椅子やオットマンとしても使える収納スツールを使うという手もあります。

Aki
Aki
簡単に持ち運べるので、用途によって位置を変えたり、違う部屋に持って行ったりできるので、とても便利です。

 

収納付きのテーブルもスッキリするだけでなく、必要な物がいつでも取り出せるので実用的です。

harry
harry
それから、上部が畳で出来ているボックス収納なら、そのままベンチや椅子代わりにすることもできますよ。
さらに、いくつか組み合わせれば、1段高い畳スペース(小上がり)を作ることもできます。

 

畳収納ボックス

 

 

 

くつろげるソファーも置きたい!どこに置けば狭く感じない?

家具の中でも広いスペースが必要になるソファー。

 

ゆったりくつろげるけれど、お部屋が狭くなりそうと躊躇している方も多いのではないでしょうか。

Aki
Aki
確かに、置く場所によっては圧迫感を感じることもありますが、見える床の面積を広くするというポイントを意識すれば、けっこういけちゃいます。

 

お部屋に入ったときに床が一直線に見えると広く感じられるので、ソファーは背もたれを壁にぴったりくっつける形で配置します。

お部屋を分けるため真ん中に仕切り代わりに置くケースがよくありますが、その場合、スペースにゆとりがあれば良いのですが、そうでない場合は狭い印象になってしまうので注意が必要です。
Nijiro
Nijiro

 

なお、ソファーはロータイプで床や壁の色と調和する色を選ぶと、お部屋に馴染んで圧迫感を感じません。

 

そして、肘掛けのないタイプなら広く座れます。

 

こたつを使用するご家庭であれば、フロアソファーもおすすめです。

 

 

空間を上手に使ってより広々とした印象に!

 

Aki
Aki
家具選び以外にも、空間(間取り)を上手に使うことで広々とした印象にすることができます。

 

遠近法で奥行感を出す

遠近法を使って家具の配置をすれば、奥行感が出てお部屋が広く見えるようになります。

Aki
Aki
例えば、家具を高さがバラバラにならないよう背の順に置くとしましょう。
その場合、お部屋に入った瞬間の印象をスッキリさせようと低い家具を手前に置きがちですが、そうすると遠近法の効果が得られません
手前に背の高い家具を置き、奥にいくほど低くなるように配置した方が奥行感が出ます。
また、奥に向かって道が続いているなど、遠近法が使われている絵や写真を壁に飾ることでも遠近法の効果を得ることが可能です。
Nijiro
Nijiro

 

さらに、鏡を壁にかけることでも奥行感を出すことができます。

harry
harry
ドアや窓に向かって置くと部屋に入る光を反射して奥行感が生まれますし、照明の近くに置けば明かりをつけたときにお部屋が明るくなるという効果も得られるでしょう。

 

背の低いソファーの上の壁に、大きめの鏡を配置するのも効果的ですよ。

 

お部屋の形に合わせて家具を配置する

Aki
Aki
いくら床が一直線に見えるからといって、縦長のお部屋の両サイドに家具を並べてしまうとスリムさが目立ってしまいます。

そんな場合は、お部屋の形に合わせて家具を配置することをおすすめします。

縦長のお部屋の場合は、コの字型に家具を配置するのがポイントです。
両脇にテレビやソファーを置いて奥にローボードを置くなどすると、お部屋の真ん中に空間ができて視線を遮るものもがなくなり、広く見えるようになります。
Nijiro
Nijiro

 

正方形など幅があるお部屋であれば、両サイドに家具を並べると中央に直線のスペースができるのでスッキリした印象になるでしょう。

 

 

まとめ

お部屋のスペースに限りがあので、家具を置くと狭くなるのは仕方がない、とあきらめないでください。

Aki
Aki
家具や配置場所を工夫するだけで、お部屋を広い印象にすることができます。
置くだけで狭くなるというイメージを持ちがちなソファーも十分置くことができます。

 

収納家具を活用したりお部屋全体の色をまとめたりといったポイントも意識しながら、広々くつろげる空間を作りましょう。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ