HOME > ご不要になった家具の処分について
ご不要になった家具の処分について

新しく家具を購入するにあたって、古い家具はどうしたらいいの? そんなお悩みをお持ちの方へ、いくつかの解決方法をご紹介いたします。
オークションに出品する
まだ十分に使える状態であれば、オークションに出品してみてはいかがでしょうか。とくに希少価値の高いもの、もともと人気のあるもの、まだ新しいものなどは、思っていた以上の値段で売れることもあります。オークションサイトはいくつかありますが、会費やシステム料、手数料などがかかる場合がありますので、事前によく調べてから利用するとよいでしょう。

・Yahoo!オークション
国内最大級のオークションサイト。利用者数はダントツです。
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/

・楽天オークション
かの楽天市場が運営しているオークションサイトです。楽天市場のノウハウで商品も充実しています。
http://auction.rakuten.co.jp/

・モバオク
若者や女性に人気のモバイル系のオークションサイト。業界最大手です。
http://www.mbok.jp/
リサイクルショップに引き取ってもらう
状態が良ければ、買取料をもらえることもあります。とくにブランドものの家具や骨董的な価値がある家具などは高値がつくこともあります。また、引き取りに来てくれるショップさんもありますので、問い合わせ時に確認してみるとよいでしょう。
検索エンジンで、
「リサイクルショップ ○○市」
「不用品買い取り ○○市」
といったキーワードで検索してみてください。
自治体のゴミ収集に出す
各自治体によって、また、家具の大きさ・材質などによって、出し方や費用が異なります。 例えば、同じソファを廃棄処分する場合でも、
・「燃えないゴミ」として出す(無料)
・「燃えるゴミ」として出す(無料)
・「粗大ゴミ」として出す(有料)
といったようにさまざまです。
必ずお住まいの市区町村で決められた処分の仕方を確認してください。ホームページなどで案内している自治体も多数あります。

【粗大ゴミとして出す(収集)場合の例】
1)自治体の「粗大ゴミ受付センター」に電話して、詳細を伝える。
2)指示された「ゴミ処理券」を指定取扱店(コンビニなど)で購入する。
3)「ゴミ処理券」に氏名・受付番号を記入する。
4)指示された日時・場所に「ゴミ処理券」を貼った家具を出す。
搬出は、基本的にゴミを出す人が行いますが、それが困難な場合は有料で搬出の手伝いをしてくれる自治体もあります。

【粗大ゴミとして出す(持込)場合の例】
1)自治体の「粗大ゴミ受付センター」に電話して、詳細を伝える。
2)指示された「ゴミ処理券」を指定取扱店(コンビニなど)で購入する。
3)指示された日時・場所に家具と「ゴミ処理券」(貼らない)を持ち込む。
民間の引き取り業者に廃棄処分してもらう
有料で、自治体の「粗大ゴミ収集」より高くなることがほとんどですが、搬出などの手間がかかりません。また、希望する日に取りに来てもらえることが多いという利点もあります。
業者さんは日本全国にたくさんありますので、検索エンジンで、
「不用品引取り ○○市」
「不用品回収 ○○市」
「廃品回収 ○○市」
といったキーワードで検索してみてください。
引っ越し業者のサービスを利用する
引っ越しに合わせて家具を買い替えるようでしたら、引っ越し業者さんに引き取ってもらうという手もあります。引っ越し業者さんによってサービスの内容はさまざまですので、引っ越し料金を見積もってもらうときに、一緒に見積もってもらうとよいでしょう。

インテリア家具を探す

営業日

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
グレーの日は休業日です
  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • BARCELONA CHAIR バルセロナチェア
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  • こたつ
  • コンパクトソファ
トップ