低めのダイニングテーブルセット

ダイニングテーブルセットを選ぶとき、席数やお部屋に対するテーブルの大きさだけをみていませんか?

 

もちろんそういった基本的な情報も大切なのですが、案外見落としがちなのがダイニングテーブルセットの「高さ」です。

 

テーブルの高さ、そしてチェアの高さは、ダイニングテーブルセットの使い勝手を大きく左右するポイントです。

 

また、ダイニングテーブルセットが高いか低いかということは、リビングダイニング全体を見たときの雰囲気にもかなり影響します。

 

そのため、ダイニングテーブルセットの高さは、ご家族の年齢や身長、お部屋の広さなど、さまざまな方向から吟味して選ぶ必要があるのです。

 

そこで今回は、近頃人気を集めているロースタイルダイニング、低めのダイニングテーブルセットについてご紹介したいと思います。

 

もちろん、高めのダイニングテーブルセットにもいいところはありますが、低いからこそ輝くメリットもたくさんあるのです。

 

これまで基本的な高さのダイニングテーブルセットしか見てこなかったという方は、ぜひロースタイルダイニングもチェックしてみてくださいね。

 

 

ダイニングテーブルの標準の高さは70cm

Aki
Aki
ダイニングテーブルの標準的な高さは、70cm程度とされています。一番ポピュラーな高さなので、多くの方がお店や自宅で使ってきたテーブルは概ね70cmほどの高さかと思います。
中には、さらに高い75cmほどのテーブルもあります。身長が高い方にとっては、これくらいの高さの方がしっくりくるかもしれません。
カウンターテーブルのような使い方をする場合には、90cmほどの高さになることもあります
Nijiro
Nijiro

 

一方で、近頃は60cm程度の低めのダイニングテーブルが人気を集めています。

Aki
Aki
低めのテーブルは、例えばカフェなど、食事をした後にゆっくりくつろいでおしゃべりをしたり、読書などをして休んだりすることを想定したお店のテーブルに多いですね。

 

harry
harry
こちらも、普段からよくカフェを利用する方には馴染み深い高さのテーブルではないでしょうか。

カフェのテーブル

 

こういった低めのダイニングテーブルは使いにくいように思えるかもしれませんが、極端に身長が合っていないケースを除けば、チェアとのバランスが取れているなら決して使いにくく感じることはありません。

 

低めのダイニングテーブルセットなら、はじめからテーブルに合わせた高さ・大きさのチェアが用意されているので安心です。

 

 

標準的な高さのテーブルが持つデメリットとは

70cmの高さは、日本人の体格に一番合うテーブルだとも言われているそうです。

 

もちろん使い勝手は良く、さまざまな人にぴったりの高さではあるのですが、残念ながらいくつかのデメリットも抱えています。

Aki
Aki
まず1つ目は、まだ身長の低い子供にとってはかなりの高さになってしまうということ。
チェアに座ればテーブルにつくこと自体は問題なくできますが、万が一チェアから落ちてしまったら怪我をする可能性も十分に考えられます。

 

また、「この子が1人でチェアに座ることはまだ難しい」と、大人が見れば一目瞭然、すぐにわかることでも、本人はかまわずどんどん挑戦してしまうこともありますよね。

 

お子様が小さい間は、ダイニングテーブルを使用する際ご両親の目を離さないよう注意しなければいけません。

 

見た目のデメリットとしては、高さがそれなりにあるので圧迫感を感じることもある、という点が上げられます。
Nijiro
Nijiro
Aki
Aki
リビングダイニングが広々としていて十分なスペースが確保できているなら問題ないのですが、多少手狭で動線もギリギリ、というようなお部屋の場合、この高さのダイニングテーブルセットはお部屋全体を窮屈に見せてしまうことも。

使う上で問題はなくても、インテリアとしては少し不満を感じることがあるかもしれません。

 

 

ロースタイルダイニングならお子様でも安心!

Aki
Aki
標準的な高さのダイニングテーブルセットが持つこれらのデメリットを解消してくれるのが、低めのダイニングテーブルセットを使ったロースタイルダイニングです。

 

何といっても低いので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心感をもって使用することができます。

 

ロースタイルダイニングでは、普通のチェアの他にも、ベンチタイプのチェアやソファなど横幅が広いタイプのチェアが合わせられることもよくあります。

高さがないので小さなお子様も早いうちから自分で席につけるようになるかと思います。また、ベンチタイプやソファなどの幅の広いチェアは安定感もかなり高いので、椅子がぐらついて転んでしまう……などのリスクも抑えられてさらに安心ですよ。
Nijiro
Nijiro

 

子供にも安心

お子様だけではなく、お年寄りの方にもおすすめです。

 

Aki
Aki
また、ソファやベンチタイプのチェアは安定感だけではなく、おしゃれ感もあり、カフェスタイルのインテリアを目指している方にもぴったりです。
自宅でも、まるでカフェやレストランで食後にゆっくりくつろぐような心地で食事を楽しむことができますよ!
開放感の感じられるインテリアにしたい場合にも、ロースタイルダイニングがおすすめです。高さがないので圧迫感がぐっと減り、広々とした印象を与えてくれます。
スペースに余裕がないお部屋なら、特にその効果を実感しやすいはずです。
Nijiro
Nijiro

 

ソファダイニングにしてしまえばダイニングテーブルセットと別にソファを置く必要もなくなるので、実際に省スペースも可能です。

 

 

高さのあるダイニングテーブルセットの持つデメリットを綺麗に解消してくれるロースタイルダイニング。これまで高さのあるダイニングテーブルセットを使っていた方には、ぜひ一度チェックして頂ければと思います。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ