エクステンションテーブル

ダイニングテーブルを選ぶとき、「どのサイズを選べば良いのか」と悩む方は多いものです。

 

一度購入したら長く使い続けるものだからこそ、サイズ選びで失敗したくはありませんね。

 

「どうせなら大きめを選んだ方が良いのかも……? でも、ダイニングに圧迫感を与えるのでは……」なんてお悩みは、珍しいものではありません。

 

特に「これから先家族が増えるかもしれない」「来客が多い」などの場合には、悩みも深まってしまいがちです。

 

このような場合にオススメなのが、エクステンションテーブルです。

 

伸縮するダイニングテーブル

 

エクステンションテーブルとは、いったいどのような特徴・魅力を備えた商品なのでしょうか。

 

そこで今回は、エクステンションテーブルの選び方のコツと共に、詳細情報をご紹介いたします。

 

 

ダイニングテーブルは「大きい」方が失敗しない

Nijiro
Nijiro
ダイニングテーブルを選ぶときに、素材やデザインと共に悩みがちなポイントといえば、「サイズ」です。

 

一般的には、以下のようなサイズがおすすめと言われています。

 

 

・2人掛け……幅75センチ×奥行75センチ

・4人掛け……幅135センチ×奥行75センチ

・6人掛け……幅180センチ×奥行75センチ

 

Nijiro
Nijiro
この数値はあくまでも「目安」となりますが、この数字を意識することで、「ダイニングチェアが入らない!」なんて失敗は、防ぐことができるのではないかと思います。

 

とはいえ、ダイニングテーブルには「狭すぎて困る」という失敗はあっても、「広すぎて困る」という失敗はあまり聞きません。

幅100センチのダイニングテーブルを2人で使ったとしても、それはそれで「余裕のある雰囲気が快適」と思えることでしょう。
Aki
Aki

 

もし、置く場所さえ確保できるのであれば、ダイニングテーブルは「大きめ」を選んだ方が失敗しません。

 

空間全体にラグジュアリーな雰囲気を与えてくれますし、来客があったときでも余裕を持って対応できます。

 

 

エクステンションテーブルの特徴とは?

Nijiro
Nijiro
ダイニングテーブルは、大きめを選ぶのがおすすめですが、残念ながら「ダイニング空間にあまり余裕がない」というケースも少なくありません。
特に「大きなダイニングテーブルを設置すると、周囲の動線が遮られてしまう」なんて場合には、注意が必要です。
ダイニングの使い勝手が悪くなってしまっては本末転倒です。
Aki
Aki

しかし、このような場合でも「大きめのテーブルを導入したい!」のであれば、便利に使えるエクステンションテーブルがおすすめです。

 

エクステンションテーブルとは、「伸長式テーブル」とか「伸縮式テーブル」とも呼ばれ、シチュエーションに合わせて、テーブルのサイズを変更できるという特長があります。

Nijiro
Nijiro
エクステンションテーブルを選べば、「ゆったりと使いたいときだけ、テーブルを大きくする」なんて使い方が可能になります。
サイズアレンジすることで、快適な食生活の場をサポートしてくれることでしょう。
Aki
Aki

 

そんなエクステンションテーブルですが、伸長方法によって3つのタイプに分かれます。

 

バタフライタイプ

バタフライタイプは、テーブルの端を跳ね上げることで天板のサイズを変更します。

harry
harry
片方の端だけが跳ね上げられるタイプもあれば、両端を跳ね上げ、より大幅にサイズを変更できる商品もあります。

 

バタフライ式エクステンションテーブル

 

また、脚の位置が固定のものもあれば、跳ね上げたテーブルをしっかりと支えるために、脚も一緒に移動するものもあります。

Nijiro
Nijiro
足固定タイプであれば天板を跳ね上げるだけ、足移動タイプでも天板を上げて足を引き出すだけですから、非常に手軽にサイズ変更できるというメリットがあります。

 

センター伸長タイプ

harry
harry
ダイニングテーブルの真ん中を伸ばして、そこに専用の天板をはめ込んでサイズを変更するタイプです。
伸長していないときには、真ん中部分の天板はテーブル下に隠されていますから、見た目がスッキリしているというメリットがあります。

 

センター伸縮式テーブル

 

ただしその特性上、「ダイニングテーブルの真ん中に切れ目がある」という問題があります。

Nijiro
Nijiro
「一枚板の雰囲気に憧れる」という方や「隙間のゴミが気になってしまう」という方は、使い勝手をしっかりと確かめた上で、購入するかどうか検討してください。

 

片側伸長タイプ

harry
harry
片側を下から引き出すようにして、サイズを変更するタイプです。足を移動させることで安定感も高くなっています。
また、センター伸長タイプとは違って、テーブルを伸長していないときには継ぎ目が気になることはありません。ですから、エクステンションダイニングとは気づかれずに、使うことができます。

 

片側伸縮テーブル

 

Nijiro
Nijiro
それぞれの方式によって、メリット・デメリットが異なっています。購入する際には、どのタイプを選択すると、自分にとってのメリットが大きくなるのか、よく検討してみてください。

 

 

エクステンションテーブルがピッタリなタイプ3つ

Nijiro
Nijiro
サイズ変更が容易にできるエクステンションダイニング。ぜひ購入を検討していただきたいのは、以下のタイプに当てはまる方々です。

 

転勤や引越しが多い人

転勤や引越しが多い人は、住まいを変えるたびに内部の間取りが変わってしまいます。

 

ダイニングが広い家もあれば、そうではない家もあります。

 

住まいが変わるたびにダイニングセットを新しくするのは、あまり現実的ではありません。

 

エクステンションテーブルを選んでおけば、住まいに合わせて「ピッタリなサイズ」へと変更できます。

 

変更サイズを細かに調整できるタイプであれば、より利便性が高まるでしょう。

 

ダイニングスペースが限られている人

「一人暮らし」や「キッチンスペースを広く取りたい」などの理由で、ダイニングスペースが充分ではない場合にも、エクステンションダイニングはおすすめのアイテムです。

 

最小サイズがコンパクトなタイプを選択することで、日常生活の中でも邪魔になることはありません。

 

ゲストがやってきたときには、テーブルをさっと広げればOKです。

 

限られた空間でも、状況に応じてリラックスできます。

 

将来的に家族が増えることが予想される人

 

・今は夫婦二人だけど、いずれは子どもを持ちたいと考えている。

・今すぐではないけれど、将来的には両親との同居を考えている。

 

 

いずれ家族の人数が変わる予定がある人にとっても、ダイニングテーブル選びは悩ましいポイントの一つです

 

こんなときにも、ぜひエクステンションダイニングを活用してみてください。

 

片側伸長タイプなど、普段の生活の中で伸長式であることを意識させないデザインのものを選べば、いつか家族が増える日まで、安心して使い続けられるでしょう。

 

 

エクステンションテーブルの疑問……女性でも楽に引き出せるの?

Nijiro
Nijiro
エクステンションダイニングの購入を検討するときに気になるのが、「サイズ変更は簡単に行えるのかどうか」という点ですね。
サイズ変更が可能なタイプであっても、作業が大変なことは「したくない!」というのが人間の本音です。徐々に面倒になり、伸長式を選ぶメリットがなくなってしまう恐れも十分にあるでしょう。
Aki
Aki

 

近年のエクステンションテーブルは、移動式の脚の内部にコロが仕込まれていたり、天板を楽に出すことができたりと、女性一人でも簡単に伸長できるものがほとんどです。

 

使い勝手の悪さが問題になることはありませんから、安心して良いでしょう。

 

操作カンタン

 

 

エクステンションダイニングのデメリットとは

Nijiro
Nijiro
とても便利なエクステンションダイニングテーブルですが、いくつかのデメリットも抱えています。
どんなタイプのエクステンションダイニングテーブルにも共通して言えるのが、構造上、天板に隙間ができるということ。バタフライタイプでもはめ込むタイプでも必ず隙間ができてしまいます。
Aki
Aki

 

すき間

 

テーブルとして普通に使う分には気にならない程度の隙間ではありますが、例えば飲み物やスープなどの液体をこぼしてしまうと隙間から垂れてしまうなど、一般的なテーブルにはないデメリットがあるのも確かです。

Nijiro
Nijiro
テーブルの脚が移動しないタイプについては、テーブルの幅を広げても増やした椅子を置きにくい、天板にかかる負担が大きく不安定になりやすいというデメリットもあります。

とはいえ、こういったデメリットについては、脚も天板に合わせて移動するタイプのものを選べばクリアできます。

 

気になる方には、脚が移動するタイプのエクステンションダイニングテーブルがおすすめです。

 

 

強度や耐久性についてはさほど問題はない?

Nijiro
Nijiro
気になる強度や耐久性についてですが、実はそれ程悪いわけではありません。
もちろん、どんなテーブルも絶対に壊れないと保証することはできませんが、エクステンションダイニングテーブルが普通のテーブルと比べて特に壊れやすいということはありません。
Aki
Aki

 

可動部分があるのでネジが比較的緩みやすいというデメリットはあるものの、普通のテーブルでもネジを定期的に締め直さなければいけないのは同じことです。

 

品質の良いものを購入し、きちんとメンテナンスをしていれば、耐久性の面では特に問題なく使えます。

Nijiro
Nijiro
ただ、両側に天板をスライドさせるタイプでは天板の継ぎ目にホコリや水分が溜まりやすいというデメリットもあります。
普段からテーブルクロスをかけたりこまめに掃除したりといったケアで十分対応できる範囲ではありますが、気になる方はバタフライタイプのテーブルを選んだ方が良いでしょう。
特に水分に関しては天板が傷む原因にもなりますので、注意が必要ですね。
Aki
Aki

 

 

まとめ

Nijiro
Nijiro
エクステンションダイニングは、サイズ変更が容易にできるテーブルです。
家族が増えたとき、友人・知人を招いたとき、いつもとは違う、ゆったりとした雰囲気を楽しみたいときなどに、活躍してくれることでしょう。

 

どのタイプを選択するのかによって、テーブルの印象は大きく変わってきます。

 

「伸長しないとき」と「伸長したとき」の、両方の印象をチェックして、お気に入りを見つけてみてください

 

いつでも愛用できる、お気に入りのセットを手に入れられるはずです。

 

 

■この記事の主担当
Njiro Hayabusa
当ブログ管理人。家具選びの際に役立つ情報や人気商品、おすすめのアイテムなど、インテリア家具にまつわるいろいろなお話をできたら、と思っています。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ