ロフトベッド

睡眠時間を快適にしてくれるベッドは、洋風のインテリアで重要な役割を果たす家具です。

 

一方で、ベッドは部屋のスペースを大きく占めるので、置き方に困ってしまう人もいるでしょう。

 

こうした問題を解決できるのが「ロフトベッド」です。

 

そこで今回は、ロフトベッドの魅力や使用例、普通のベッドにはないメリットなどを解説してみたいと思います。

 

 

形状に特徴が!ロフトベッドとはどのような家具?

Aki
Aki
ロフトベッドは脚が長く、ベッドの床面が床から高く離れている特徴を持っています。
ロフトベッドには梯子階段が取り付けられていて、寝るときはそれらを使って上ります。
また、梯子を使うまでもないロータイプのロフトベッドもリリースされています。
Nijiro
Nijiro

 

 

どれが自分に合っている?ロフトベッドのタイプを紹介!

梯子型

Aki
Aki
部屋のスペースを広く使えるロフトベッドです。
必要のないときは梯子を取り外しておけるので、掃除や筋トレなど、室内で行う活動の邪魔になりません。

梯子式ロフトベッド
部屋の動線を確保しやすく、空間がすっきりするのも魅力です。
Nijiro
Nijiro

 

階段型

Aki
Aki
常に階段がロフトベッドに取り付けられているタイプです。
そのため、スペースを広く使ってしまうという難点があります。

 

階段式ロフトベッド

その代わり、ベッドに上がるときは安定感があります。
ロフトベッドをできるだけ高くしたいのであれば、階段型が安全だといえるでしょう。
Nijiro
Nijiro

 

一体型システムベッド

Aki
Aki
ロフトベッドをシステムベッドと呼ぶケースも少なくありませんが、厳密には、棚や机など、他の家具と一体化しているタイプをシステムベッドと表現します。

 

ベッドの中に家具が収納されており、使うときだけ取り出せます。

 

ロフトシステムベッド

 

勉強机や本棚などと一体化している、子ども部屋用のシステムベッドも人気です。

 

素材のバリエーションも

Aki
Aki
ロフトベッドは寝返りをうつ際、軋む音が気になってしまう傾向にあります。
そこで、素材の安定感が強い木製のロフトベッドを選ぶ人は少なくありません。
その代わり、木製タイプはやや価格が高くなります。
パイプでできたロフトベッドは比較的軋みやすいものの、安価で耐久性に優れているのが強みです。
Nijiro
Nijiro
harry
harry
スタイリッシュなコーディネートにこだわるなら、あえて無機質なパイプ型を選ぶのもありですね。

スタイリッシュなロフトベッド

 

 

インテリアにアイデアを!ロフトベッドの使用例

リラックススペースを設ける

Aki
Aki
ロフトベッドの下はどうしても暗くなったり、狭くて閉鎖的になったりします。
しかし、そのことで逆に「落ち着く」と感じる人もいます。
ソファや座椅子などを置いて、ゆったりとくつろげる空間にするのもひとつの方法です。

ロフトベッド+ソファ

 

子ども部屋では勉強机を

Aki
Aki
周囲が脚に囲まれているロフトベッドの下は、余計なものが目に入りにくくなります。
そのため、集中力を高めて長時間の作業をするときにぴったりです。
子ども部屋にロフトベッドを置くのであれば、その下に勉強机を設けてみましょう。
テレビやゲーム、漫画などの誘惑を遮断して、勉強しやすいスペースができあがります。
Nijiro
Nijiro

ロフトベッド+デスク

 

ロータイプやミドルタイプは収納に利用

人が入れるほどのスペースがないロフトベッドでも、収納場所としては十分です。

Aki
Aki
ベッド下の高さが100~120センチメートルのミドルタイプや、100センチメートルもないロータイプの場合は、衣服の置き場所に使えます。
見た目を工夫するなら、ベッドにカーテンを取りつけて衣類を隠すのも得策です。

ロータイプ&ミドルタイプ

 

 

普通のベッドとは何が違う?ロフトベッドのメリット

収納スペース

Aki
Aki
ベッドが上に持ち上げられているような状態なので、床の面積を占めることがありません。
その分、他の家具を置いたり、趣味のグッズを保管したりと、部屋の使い方に幅が生まれます。
オフシーズンのアイテムを保管する場所にも使えるでしょう。

 

睡眠と生活を切り分けやすい

ロフトベッドは、食事や家事、仕事などのスペースと睡眠の空間を完全に区切れます。
やることがあるのについ、ベッドの上でだらけてしまうような習慣を防ぐことが可能です。
Nijiro
Nijiro

 

子ども部屋の準備が楽

harry
harry
一体型のシステムベッドなら、子ども部屋に使える家具が一式揃っています。
机や棚、ベッドをあちらこちらで選ぶ手間が省けるでしょう。
自宅への搬入も楽になり、子ども部屋の準備をスムーズに完了できます。

 

 

ロフトベッドで子ども部屋を使いやすくオシャレに

Aki
Aki
勉強机を収納しやすく、床のスペースも広く使えるロフトベッドは子ども部屋に向いています。
部屋の雰囲気を考えながら、ロフトベッドの素材を選ぶとオシャレな空間を演出できるでしょう。

 

玩具や衣類の置き場所としても、ロフトベッドの下は有効活用できます。

 

子どもがいる家庭なら、生活をサポートしてくれるロフトベッドがおすすめです。

 

 

▼下記ページもご参考にしてください。
ロフトベッド下は個性を演出できる場所!オススメ4プラン

 

 

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ