ローベッド

■ローベッド、という選択肢

ベッドといえば、ある程度の高さがあるのが一般的、という感覚の方が多いかと思います。例えばホテルのベッドなども、自然に腰を下ろしやすい程度の高さに設定されていますね。

 

しかし、実は今、そういったベッドよりも高さが低いローベッドが人気を集めています。

 

日本人は元々床座で生活することに馴染みがあり、お布団で寝ることにも抵抗がありませんよね。だからこそ、ローベッドに寝転んだときの低い視点、高く見える天井などの感覚に慣れている、むしろこの方が落ち着く……そう考える人も多いようなのです。

 

高さの低いローベッドは、大人はもちろん背の低い方や子供も無理なく使える便利な面も持っています。
これからベッドを買い替えようかと考えている方、お布団からベッドに寝具を変えてみたいけれど踏み切れずにいるという方にはぜひおすすめしたい選択肢なのです。

 

とはいえ、低いベッドを実際に使ってみたことがないと購入するにも勇気がいるはず。
そこで今回は、具体的にはどんなメリットがあるのかご紹介していきます!

 

 

■ローベッドにはたくさんのメリットが!

高さが低く床に近いベッドには、ローベッドの他にフロアベッドと呼ばれるものもあります。

一般的には、ローベッドは脚の高さが低いベッド、フロアベッドは名前の通り床に直接置かれるベッドとして扱われることが多いです。ときにはどちらもひとまとめにしてローベッドと呼ばれることもありますが、基本的には普通のベッドがそのまま高さだけ低くなったようなイメージのものがローベッドと考えて間違いありません。

 

では、ローベッドの持つメリットをチェックしていきましょう。

 

ローベッドには色々な特徴がありますが、まずは高さが低いことによるメリットです。
ひとつには、部屋全体に開放感が生まれること。そしてもうひとつが、高さがないことで横になったときの落ち着きや安心感が高まる、ということです。

 

開放感

 

安心感

 

ベッドやソファ、テーブルなど、大きな家具の持つ存在感・圧迫感に悩まされる方は多いですよね。
特にワンルームなど、お部屋のスペースに限りがある場合には気になる問題です。

 

ベッドは元々ダイニングテーブルなどと比べれば高さのある家具ではないですが、それでも低く床に近いものであればあるほどお部屋全体に与える圧迫感は少なくなります。
立ったり座ったりして部屋を見渡したときはもちろん、横になったときにも天井が高く感じられ、のびのびとした印象になります。狭いお部屋でもできるだけゆったりと過ごしたい方にはおすすめです!

 

また、高さがないことで安心して眠れる、と感じる方もいます。
普段からお布団で寝ていると、ホテルのベッドではなんだか落ち着かずに良く眠れないことがありますよね。低い場所で休むことに慣れていると、ベッド程度の高さでもなんだか不安になるものです。

 

これまでお布団で寝ていて初めてベッドを購入しようと考えている方には、ローベッドのような低めのベッドがおすすめです。これまで高さのあるベッドで寝ていてなんとなく違和感を覚えている方、うっかりベッドから落ちてしまわないか心配な方でも、ローベッドなら安心です。万が一寝返りをうって落ちてしまっても普通のベッドよりは怪我の心配が少ないですからね。

 

例えばベッドの上ではしゃいで誤って床に落ちてしまった……などのアクシデントがあっても安心だからと、子供用にローベッドを購入する方も多いです。

 

子供用ローベッド

 

 

■ローベッドの気になるデメリット

さて、ローベッドの購入を検討するにあたって、メリットと同様に重要なのがデメリットです。こちらもしっかりチェックしていきましょう!

 

ローベッドやフロアベッドなど、低いベッドに共通するデメリットとして「立ち上がりにくい」ということが挙げられます。
椅子などもそうですが、腰掛けている位置が低いとそこから立ち上がるのにはある程度の力が必要になります。よいしょ、と腕に力を入れて体を持ち上げる感覚です。

 

普通の大人にとってはさほど気にならない程度ではありますが、例えばご高齢の方など、体の力が弱くなりがちな方にとっては負担になるでしょう。また腰痛がある方などもローベッドは避けた方が無難です。

 

また、床に近いと寒さを感じやすいというデメリットもあります。
あたたかい空気ほど上に、冷たい空気ほど下にたまるのが普通ですので、ローベッドで横になると高めのベッドで寝ているときよりも若干寒いところで体を休めることになります。
特にフローリングの床は冬に冷えますから、余計に寒く感じることもあるでしょう。お布団に慣れている方なら大丈夫かと思いますが、これまで高めのベッドで寝ていたという方はなかなか慣れないかもしれません。

 

といっても、きちんと暖房を入れたり、あたたかい布団や毛布を用意するなどの工夫をすれば解決できることではあります。
床下からの冷えが気になるときには、断熱性のあるマットを敷くのも効果的です。

 

ローベッドの持つ主なメリット・デメリットをそれぞれご紹介しました。
ローベッドは並べて使いやすいという特徴もあります。一人暮らしでスペースに余裕のないお部屋にお住まいの方はもちろん、これから家族が増えライフスタイルが変化していくことが予想される方にもおすすめですよ!

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ