北欧風デザイン家具

オシャレな家具の代表格ともいえる「北欧家具」。取り入れてみたいけれど、何から始めればよいか分からないという人も多いかもしれません。

 

実は北欧家具は日本人の生活と馴染みが良く、比較的簡単に取り入れることができます。

 

そこで今回は、日本人の生活に合った「北欧風家具」という選択肢も含めて、その特徴やコーディネートのポイントをご紹介してみたいと思います。

 

 

北欧家具の特徴とは

北欧家具とは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの北欧4カ国で作られている家具を指します。

 

これらの地域は高緯度に位置するため、長い冬は寒さが厳しく、日照時間が短いのが特徴です。

 

必然的に室内で過ごす時間が増え、気持ちもふさぎがちになります。

Aki
Aki
こうした地理的、気候的な要因もあり、室内で快適に過ごすための高機能な家具が作られるようになりました。
無垢材などの自然素材や、アースカラーを取り入れた家具が多いのは、外の自然を思い起こさせ、気持ちを明るくする効果があるからだと言われています。
Nijiro
Nijiro

 

北欧家具が、今のようにシンプルでナチュラルなものになったきっかけは、デンマークの生協ともいえる「FDB(デンマーク協同組合連合会)」の家具部門にあります。

 

FDBのデザイナーによって生み出された家具は、美しく、高品質で機能的、そして手ごろな価格でした。

Aki
Aki
当時のFDBに所属していたのは、ボーエ・モーエンセンハンス・J・ウェグナーアルネ・ヤコブセンといった、今では近代家具デザインを代表するデザイナー達です。
彼らが作った生活に即した家具は北欧の人々に支持され、そこから生まれたさまざまな北欧家具が今では世界中の人気を集めています。
Nijiro
Nijiro

 

harry
harry
こちらは、ハンス・J・ウェグナーがデザインした「ザ・チェア」。70年経った今日でも廃れることなく、多くの愛好家から支持されています。

ザ・チェア

 

 

相性抜群の日本人と北欧家具、その理由は?

昔ながらの日本家屋を思い浮かべてみてください。

 

木造住宅の中に、イグサで作られた畳、和紙と木組みの障子、ふすまなど、自然素材で作られた建具がしつらえられています。

Aki
Aki
日本人は自然を身近に感じ、生活に利用して生きてきました。
自然を室内に取り入れるために生まれた北欧家具と、日本家屋・日本文化とは共通点が多く、相性が良いのも納得です。
例えば、畳の上に無垢材で作られたシンプルな北欧家具を置いても違和感はないでしょう。
また、「萌黄色」「露草色」「桜色」といった日本の伝統色は、北欧家具でいう「アースカラー」そのものです。
現代の日本では畳や障子のない住宅の方が多いかもしれませんが、日本人のアイデンティティには、こうした伝統色や自然素材を好む傾向が色濃く残っていると考えられます。
Nijiro
Nijiro

 

素材の面でも、色合いの面でも、日本人は北欧家具を好みやすく、北欧家具は日本家具に馴染むことが想像できます。

 

そして、日本と北欧には職人文化を重んじるという共通点もありますね。

 

 

北欧家具と北欧風家具はどう違う?

Aki
Aki
北欧家具が北欧でデザイン・製作される家具であるのに対し、北欧風家具は北欧家具のエッセンスを取り入れ、その他の国で作られる家具を指します。

 

北欧家具と日本家屋・日本人の相性が良いといっても、日本人の暮らしと北欧の暮らしは異なります。

 

靴を脱いで室内に入ること1つとってみても、必要となる家具の種類は変わってくるのです。

Aki
Aki
北欧風家具は、北欧家具の素材感やデザインの味わいをそのままに、より日本人の生活に合わせたもので、「北欧風デザインのこたつ」などはその代表的なものでしょう。

北欧風デザインこたつ

 

一方で「ハンス・J・ウェグナー」など北欧家具を代表するブランドは、日本でも一般的に流通しており、容易に購入することができます。
Nijiro
Nijiro

 

 

北欧家具・北欧風家具を取り入れたインテリアのポイント

Aki
Aki
北欧インテリアを成功させるには、北欧家具の特徴である「自然素材」「アースカラー」を生かすことがポイントです。
観葉植物を置いて自然をイメージさせたり、アースカラーが優しくなじむ白い壁や天井、フローリングの床を選んだりするとよいでしょう。

アースカラーでまとめた北欧テイストのインテリアイボリー

 

色を多く使いすぎずに、ベースの色はアースカラーでまとめておきましょう。

 

北欧インテリアには「テキスタイル」の効果も欠かせません。
カウニステマリメッコなどに代表される北欧テキスタイルは、家具同様に自然や生き物をテーマにした柄が多く、カーテンやクッション、ファブリックパネルとして取り入れると、北欧っぽさを演出できます。
Nijiro
Nijiro

 

harry
harry
カウニステは、フィンランド生まれのインテリア・ブランド。新鮮味のある色合いと現代的なデザインが特徴ですが、伝統的な生産技法を取り入れ、生活を豊かにするインテリア・アイテムを展開しています。

カウニステ・フィンランド

 

harry
harry
丸いカタチのマリメッコ・クッション。存在感があるので、置くだけで目を引くポイントになってくれます。

マリメッコ

 

インパクトのあるデザインなので、コーディネートの差し色として使うのもおすすめです。

 

 

北欧家具でおうち時間を楽しく

Aki
Aki
機能的で飽きのこないデザイン、温かみのある自然素材やアースカラー。北欧家具は、おうち時間を明るく楽しく彩ってくれます。
居心地がよいだけでなく、シンプルで整頓された見た目になり、生活のしやすさも抜群です。
Nijiro
Nijiro

 

まずは気に入った家具を1つ取り入れるところから、北欧家具・北欧風家具のある生活を始めてみませんか。

 

▼下記ページもご参考にしてください。
北欧風デザイン家具

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ