快適なダイニング

リビングと並んで「家族のくつろぎ空間」として注目を集め始めているのが「ダイニング」です。

 

家族が揃って食事をする時間は、温かで幸せな時間。

 

そのため、よりくつろげる家具を揃え、充実した時間にしたい!と考える方が増えてきています。

 

「ダイニングをより居心地良い空間にしたい!」
「もっとオシャレな空間にして、お客さまとの時間も楽しみたい!」

 

そこで今回は、そんな要望を叶えるための「ダイニング空間作りのコツ」をご紹介したいと思います。

 

 

リビングと一体化することで、限られた空間を有効活用

Aki
Aki
広々としたリビングルームに開放的なダイニングルーム。空間を贅沢に使って、オシャレなインテリアを楽しむのが理想ですが、日本の住宅事情では、「それは叶えられない・・・」というのが実情ではないでしょうか。

そんなときには、限られた空間を有効に活用することをおすすめいたします。

近年の住宅で人気が高いのは、リビングとダイニングを一続きの大きな空間にして、家族が生活するというものです。
1つの空間で、リビングとダイニングの2つの機能を持たせてしまおう!というスタイルが、人気を集めています。
Nijiro
Nijiro

 

具体的には、ダイニングセットにソファーを組み合わせ、ソファーダイニングにする手法が流行っています。

 

Aki
Aki
ソファーをダイニングテーブルと組み合わせることで、ゆったりとくつろぎながら食事をすることができます。
そして、食事が終わった後もそこに残って、団らんの一時を過ごすことができます。
Nijiro
Nijiro

 

ソファダイニング

 

ソファーダイニングを作る際には、ソファーとテーブルの高さのバランスが何よりも重要なポイントとなります。

harry
harry
テーブルにリフト機能が付いた「無段階リフトテーブル」であれば、家族の身長やソファーとの組み合わせによって最適な高さを選べるでしょう。

 

無段階リフトテーブル

 

 

ダイニングに「くつろぎ」機能をプラスすることで、リビングルームには空間の余裕が生まれるはず。

Aki
Aki
幼い子どもがいるご家庭では、ラグを敷いて、床でゴロゴロできる空間を作るのも良いでしょう。
親子の触れ合いも、存分に楽しめるようになりますよ。
Nijiro
Nijiro

 

ダイニングチェアで遊び心を演出しよう

Aki
Aki
ダイニングをお洒落にするためには、家具や小物選びに気を配るのもおすすめです。
インテリア系の小物は、季節に応じて変えてみてください。各種ファブリックのほか、テーブルにお洒落な雑貨を並べてみるのも良いでしょう。
Nijiro
Nijiro

 

もっと大きな視線で「お洒落な空間を作りたい!」と思ったときには、「ダイニングチェア」に注目してみてください。

harry
harry
ダイニング用のテーブルとイスは「ダイニングセット」として購入する方も多いことでしょう。
しかし、あえて個別に購入することで、メリットも生まれます。

 

<ダイニングセットで購入するメリット>

 

・テーブルとイスで統一感が出る

 

・個別に購入するよりも安くなることが多い

 

・高さや幅などで失敗しない

 

 

 

<テーブルとイスを個別に購入するメリット>

 

・1つひとつ、自分たちのこだわりのアイテムをチョイスできる

 

・イスの種類をそれぞれ変えることで、オシャレな雰囲気になりやすい

 

・買い替えも容易にできる

 

 

Aki
Aki
ダイニングセットとして購入すれば、最初から全てがトータルコーディネートされていますから、それをそのまま置くだけで落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょう。
もともと「一緒に使う目的」で作られていますから、サイズで失敗することもありません。
セット価格で安くなることも多く、初心者でも失敗しにくいダイニング家具の揃え方と言えるでしょう。
Nijiro
Nijiro

 

しかし近年、セット購入のメリットを理解しつつも、あえて個別に購入する方も増えてきています。

 

セットで購入すると、どうしてもインテリアの雰囲気は偏ってしまいがち。

 

また、全てがコーディネートされているので、「自分たちらしさを出せない」と感じてしまうこともあるでしょう。

Aki
Aki
個別に購入する場合、まずは主となるダイニングテーブルを決め、それに合うイスをチョイスしてみてください。

このときに、イスの種類をあえてバラバラにするのもオススメです。

 

素材や形、カラーをバラバラにして、家族それぞれが好きなイスを選べば、自分たちのお気に入り空間が生まれます。

ダイニングチェア

 

Aki
Aki
「オシャレなダイニングに憧れるけれど、全てバラバラのイスを組み合わせるのは難しそう」と思う方は、同じ形のイスで色違いのものを選ぶのがオススメです。

 

ダイニングチェア色違い

 

 

 

伸縮式ダイニングテーブルなら、ゲストが増えても大丈夫

Aki
Aki
ダイニングルームは、お客さまを招いて同じ時間を過ごす際にも重要な役割を果たしてくれます。
くつろぎやすい空間を用意しておけば、ただそれだけで会話も弾むことでしょう。

 

「普段は家族の人数分で十分だけど、お客さまが来たときには、より広い空間を用意したい!」というときには、伸縮式ダイニングテーブルが役立ちます。

伸縮式ダイニングテーブルはエクステンションダイニングとも呼ばれ、食卓を囲む人数によってフレキシブルに対応できます。
Nijiro
Nijiro

 

普段はコンパクトなサイズで使い、必要なときにテーブルを伸ばしてください。

harry
harry
女性でも簡単に使えるよう、「引き出すだけ」「引き出して天板を乗せるだけ」など、設計に工夫を凝らしている商品も多くあります。

 

伸縮方式1

 

伸縮方式2

 

 

インテリアには「雰囲気」と共に「機能」も重要!

 

ぜひ「自分の家族にピッタリの家具」を見つけてみてください。

 

Aki
Aki
どうしても生活感が出てしまいがちなダイニングルーム。
適切な家具を揃え、自分たちらしく整えることで、お気に入りのくつろぎ空間ができ上がります。

家族や友だち、自分にとってかけがえのない人たちと、「ダイニングで過ごす時間」を通じて、より一層絆を深めていけることでしょう。

 

 

■この記事の主担当
Aki Kawashima
インテリア家具ショップで店長、リフォーム会社でアドバイザー等を歴任。豊富な経験と知識をベースに、お洒落なインテリア家具の魅力をお伝えいたします。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ