ダイニングテーブル

ダイニングは家族が集まって食事をする場所であり、家庭内コミュニケーションにおいて極めて重要な役割を果たしています。

 

それだけに、ダイニングテーブルはこだわりをもって選びたいところです。

 

しかし、いざ検討を始めてみると、「何を基準にして選べばよいのかがわからない」という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、カタチ・大きさ・設置スペース・付加機能という4つの視点からダイニングテーブルの選び方について考えてみたいと思います。

 

 

ダイニングテーブルのカタチとそれぞれの特徴

Aki
Aki
ダイニングテーブルセットを選ぶ場合、最初に考えるべきはテーブルに使用している天板の形状です。
どのようなデザインのテーブルを置くかでダイニングの雰囲気はがらりと変わりますし、機能性の上からも天板のカタチというのはたいへん重要になってきます。
Nijiro
Nijiro

 

長方形

Aki
Aki
まず、最もオーソドックスなのが長方形のテーブルです。
ダイニングの間取りも大抵は長方形なので部屋に合わせやすく、壁付けしやすいというメリットがあります。

長方形のダイニングテーブル

その反面、横長になるほど圧迫感を与えやすいのがデメリットと言えます。
Nijiro
Nijiro

正方形

Aki
Aki
正方形のテーブルはコンパクトな印象を与えるため、家族の多いご家庭には向いていません。
その代わり、空間に狭さを感じさせることなく設置できるので、一人暮らしやカップルでお住まいの場合などにはおすすめです。

正方形のダイニングテーブル

 

円形・だ円形

Aki
Aki
円形のテーブルは全員と顔を合わせて座れるので、みんなと集まっておしゃべりをするのに向いています。
圧迫感がなく、部屋をカジュアルに演出できるのも魅力ですね。
しかし、壁付けはできず、邪魔にならないように設置するには広めのスペースが必要となります。
Nijiro
Nijiro

円形のダイニングテーブル

Aki
Aki
だ円形のテーブルは圧迫感を感じにくく、部屋をより広く見せる効果があります。

だ円形のテーブル

長方形のテーブルと同様に比較的大人数が座れる上に、角がないのでお互いの距離を近づけやすくなります。
Nijiro
Nijiro

 

そのため、家族団らんには最適です。

 

 

 

 

 

目安よりも若干広めのものがおすすめ!

Aki
Aki
テーブル選びの際に最も重要なポイントの1つがサイズです。これが小さすぎると食事がしづらくなりますし、大きすぎると部屋を圧迫することになってしまいます。
また、奥行きが広すぎると、テーブルに置いてあるモノが取りにくくなることがある、という点も頭に入れておいてください。
Nijiro
Nijiro

 

それでは適切な大きさはどの程度かというと、「1人当たりの食事スペースが幅60cm×奥行40cm程度」とされています。

 

したがって、これに家族の人数を掛けた値が大体の目安となるわけです。

harry
harry
ただ、計算通りぴったりのサイズのテーブルが見つかることは滅多にないので、それに近いものを探すと良いと思います。

 

 

テーブル設置後のスペース確保が大切!

ダイニングテーブルの形状やサイズなどと並行して検討しておきたいのが、設置スペースの問題です。

Aki
Aki
いくらテーブルが最適なサイズだったとしても、ダイニング自体のスペースが狭くなってしまえば、使い勝手の悪いものになってしまいます。
それを避けるには、ダイニングで人が行動する際にどの程度のスペースが必要なのかを割り出し、テーブル設置後にそのスペースを確保できるかどうかをチェックしなくてはなりません。
Nijiro
Nijiro

ちなみに、チェックすべき主な項目は、

 

 

・テーブルとキッチンの間のスペース

 

・テーブルの後方スペース

 

・椅子に座るスペース

 

・椅子を引くスペース

 

・家具同士のスペース

 

 

の5点です。

 

「キッチンとの間のスペース」は、料理を運んだり下げたりしますので、スムーズに作業ができるようにすることが大切です。

 

「テーブルの後方スペース」「椅子に座るスペース」「椅子を引くスペース」は下図を参照してください。

ダイニングの空間

 

Aki
Aki
あとは、家具同士のスペースですが、これは生活動線を意識します。
家族みんなが使う場所ですから、周囲の家具の配置によって動線に支障をきたすことのないようにしてください。
Nijiro
Nijiro

 

 

利便性をより高めるために!付加機能の種類と必要性

ダイニングテーブルの使い勝手をより高める役割を果たしているのが付加機能です。

Aki
Aki
たとえば、天板のサイズが変えられる伸縮機能が付加しているものは、来客の多い家庭やダイニングが手狭な場合に向いています。
来客時に広げて大きく使ったり、食事時以外にはコンパクトにしておいたりできますからね。
Nijiro
Nijiro

伸縮型ダイニングテーブルセット

 

なお、伸縮タイプにはスライド式や折り畳み式といった具合にいくつかの方式がありますが、いずれを選択する場合も操作がスムーズにできるかを事前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

 

自分にとってベストのダイニングテーブルを選ぼう!

Aki
Aki
ダイニングテーブルを選ぶ際に重要なポイントは、カタチ・サイズ・設置スペース・機能です。
中でも、一番大切なのは高さやダイニングの設置スペースを含めたサイズだといえます。
Nijiro
Nijiro

 

これが合っていないと非常に居心地の悪いダイニングになってしまいます。

 

また、形状や付加機能も、使い勝手を大きく左右する要素です。

 

それらを踏まえ、本記事などを参考にしつつ、自分にとって最適なダイニングテーブルを選んでいきましょう。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ