座面が広いソファ

ソファーはインテリアの中でも存在感があり、それだけにデザインや色にこだわる人は多いかもしれません。

 

しかし、それ以上に考えたいのが『使いやすさ』です。

 

特に、座面の広さや高さは座り心地を大きく左右するため、実際に購入してから後悔しないようしっかり選びたいものです。

 

そこで今回は、座面の広いソファーのメリットや選び方のポイントなどについて解説してみたいと思います。

 

 

一般的なソファの座面の奥行きは?

Aki
Aki
ソファといっても、デザインにはさまざまなものがあります。
座面の奥行きはデザインやブランドによって変わってきますが、だいたい50cmから59cm前後が一般的です。
座面の奥行きが狭いソファーは、姿勢を正して座ることができます。
一方、奥行きが広いソファーならゆったり座れるのが特徴です。
Nijiro
Nijiro

 

このように、ソファーの座面の広さによって、使い勝手には違いが出ます。

 

 

座面が広いソファを選ぶメリット

座面の奥行きが58cm以上のものだと、座面が広めのソファーといえます。

 

では、座面が広いことでどのようなメリットがあるか見ていきましょう。

 

Aki
Aki
座面に十分な広さがあると、その分深く座ることができます。
そして、背もたれに体を預けやすくなり、ゆったりくつろげるのがメリットです。
座面が広いほど、座ったときの安心感も大きくなります。
また、2人掛け以上の大きさなら横になることもできますし、仮眠をとれるというメリットもあります。
Nijiro
Nijiro

 

 

座面が広いソファのタイプ

次に、座面が広いソファにはどのようなタイプがあるか、ご紹介していきます。

 

ファブリックフロアソファ2.5人掛け【LNN】

座面高が低めの設定となっているロータイプのフロアソファーです。

 

ファブリックフロアソファ2.5人掛け【LNN】(洗えるカバーリング仕様)

 

Aki
Aki
背もたれが自由に外せるのがこの製品の特徴で、通常の奥行きは55cmですが、背もたれを取れば70cmという広い座面で使うことができます。
2.5人掛けと幅もゆったりしているため、ちょっと仮眠をとりたいときにも重宝します。
Nijiro
Nijiro

harry
harry
お揃いのオットマンを使えば、足を伸ばしてくつろげますよ。

オットマン

 

また、背もたれのカバーは着脱式で洗濯も可能です。

 

日本製ハイバック&リクライニングソファ【LNT-レザー】

こちらは、背もたれが高めの設定となっているハイバックソファです。

harry
harry
座面の奥行きは59cmと余裕があるうえに、背もたれが高いソファーなので、首の部分をしっかり支えてくれます。

日本製ハイバック&リクライニングソファ【LNT-レザー】(ポケットコイル仕様)

さらに、背もたれは3段階のリクライニング機能があるため、用途に合わせて角度を変えることが可能です。
読書や仮眠など、そのときの気分に合わせて自在に使えるでしょう。
Nijiro
Nijiro
Aki
Aki
レザータイプはアイボリーとレッド、ブラウン、ブラックの4色展開ですが、他にファブリック仕様も用意されています。

 

座面ゆったり&レイアウト自在!コーナーソファセット

ファミリー層向けのコーナーソファです。

harry
harry
背もたれは低めですが、座面の奥行きは60cmと広めに作られています。

面ゆったり&レイアウト自在!コーナーソファーセット【ALF】

 

Aki
Aki
コーナーのあるロータイプのソファーで、大人数の家族や来客が多い家にぴったりといえるでしょう。
高さが同じオットマンも用意されており、部屋の広さや使い方に合わせて自在にレイアウトできるのが特徴です。
Nijiro
Nijiro

 

 

座面の広さでソファを選ぶ際のポイント

Aki
Aki
座面の広いソファーを選ぶなら、座面の高さや背もたれとのバランスを考えて選ぶのがポイントです。
座面が広いと、その分深く座ることができますが、体型によっては足が浮いてしまう人もいます。
普通に座りたいときは、座ったときに床に足がつくかどうかで判断するといいでしょう。
Nijiro
Nijiro

 

はじめにどのような使い方をするか考えておくと、失敗を防げます。

harry
harry
家族でくつろぐために使うなら、子どもから高齢者まで座りやすい座面が低いものが向いていますね。

 

 

座面の広いソファーはライフスタイルに合ったものを

Aki
Aki
座面が広いソファーといってもさまざまなタイプが出ています。
一人暮らしなど自分だけで使うのか、家族や来客用に使うのかで選ぶタイプは変わってきます。

 

座面が広いソファーは、ゆったり座れてくつろぎやすいのが特徴でありメリットです。

 

まずどのように使うのか目的を決め、ライフスタイルに合ったソファーを選ぶようにしましょう。

 

▼座面の広いソファの全商品を下記ページにてご案内しています。ご参考にしてください。
座面の広いソファー

 

 

 

■この記事の主担当
Aki Kawashima
インテリア家具ショップで店長、リフォーム会社でアドバイザー等を歴任。豊富な経験と知識をベースに、お洒落なインテリア家具の魅力をお伝えいたします。

インテリア家具を探す

  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  •        テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ