配送遅延
HOME > ソファー > コーナーソファー

コーナーソファー

[並び順を変更]  おすすめ順 価格順 新着順

大型コーナーカウチソファ【LDD】

142,900円(税込154,332円)


コーナータイプ木肘ソファFML

87,800円(税込94,824円)


コーナーソファーはこちら
スペーサー

■コーナーソファーの種類

今、人気のコーナーソファーと言えば、左右どちらかのソファー・パーツがシェーズロング・スタイルになっているものです。シェーズロングとは、他のソファー・パーツより座面が長く設定されていて、脚を伸ばしてカラダ全体を休ませることができるようなソファーのことです。
シェーズロングタイプのコーナーソファー
これとは別に、L字型のソファーがあります。これもコーナーソファーと呼ばれますが、こちらはシェーズロングが付いておらず、通常のソファー・パーツがL字型に並んだものです。
シェーズロングではないコーナーソファー
また、コーナーソファーには脚が付いたスタンダードなタイプと、脚がないローソファー、フロアソファーと呼ばれるタイプがあります。さらに、両サイドに肘掛けがあるもの、ないもの、肘掛けが木製(一般に「木肘」と呼ばれます)のものなどがあります。
コーナーソファーに対するニーズの高まりから、このように様々なスタイルが開発されてきましたが、今日でもバリエーションが増えつつあるのが現状です。

スペーサー

■コーナーソファーの選び方のポイント


コーナーソファーは文字通り、お部屋の角に置けることを想定して作られていますが、それでもそれなりのサイズがありますので、お部屋のスペースのかなりの部分を専有してしまいます。ソファーの周囲は人が通る導線となりますので、8〜10畳程度のお部屋ですと窮屈に感じてしまうことがあります。ですので、できれれば10畳以上の部屋に置くのが望ましいと思います。
ただし、最近ではコンパクトサイズの商品も発売されるようになってきました。座面幅が小さめの省スペース設計となっていますので、こうした商品なら多少狭いお部屋でもOKでしょう。

コンパクトサイズのコーナーソファー


シェーズロング・スタイルのコーナーソファーの中には、セパレート式になっているものがあります。シェーズロング部分が分割され、その部分がオットマンやスツールとして単独で使えるように設計されたものです。こうしたタイプは、シチュエーションに合わせてレイアウト・アレンジすることができますので、来客の多いご家庭や、お部屋の模様替えを頻繁にされるご家庭などは、こうしたタイプを選ばれると便利かもしれませんね。

セパレート式のコーナーソファー


コーナーソファーの長手方向は3人掛けとなりますので、かなりの長さがあります。この長さを利用して、お部屋のセパレーションに利用する使い方もあります。最近よく見られる間取りに「リビング・ダイニング」がありますが、リビングとダイニング、2つの空間の仕切りとして、お部屋の中央当たりにコーナーソファーを置くのです。この場合、ソファーの高さによって“仕切り度”が変わってきます。しっかりと仕切りたい場合は、脚付きで背もたれが高いタイプ(ハイバック仕様など)を、何となく仕切られているかなという程度で良ければ、ロータイプでよいでしょう。

仕切りの役割を果たすコーナーソファー

コーナーソファーはよく「コミュニケーションを取るのに向いている」と言われます。それは、レイアウト上、対面になって座ることがない(視線を合わせないですむ)ので、気軽に話ができるというわけです。家族や友人・知人と過ごす時間を大切にしたい方にはおすすめですね。

インテリア家具を探す

営業日

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
グレーの日は休業日です
  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • BARCELONA CHAIR バルセロナチェア
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  • テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ