キャッシュレス還元事業
HOME > ガス圧跳ね上げ式大容量収納ベッド(リフトアップベッド)
ガス圧跳ね上げ式大容量収納ベッド
収納スペースが足りない寝室や一人暮らしのお部屋には、ガス圧跳ね上げ式大容量収納ベッドがおすすめ。ベッド下の空きスペースをすべて収納に使えますので、散らかりがちなお部屋をきれいにスッキリさせることができます。また、引き出し式と違い、収納庫を開けるためのスペース(床面)を開けておく必要がありませんので、その分効率よくお部屋の空間を使用できすることができます。

ガス圧跳ね上げ式大容量収納ベッド(リフトアップベッド)

[並び順を変更]  おすすめ順 価格順 新着順

■跳ね上げ式ベッドの魅力

収納ベッドは大きく、引き出し式と跳ね上げ式に分かれますが、収納したいものがたくさんある場合は、跳ね上げ式がおすすめです。マットレス全体が上に上がって、下のスペースがフルオープンになりますので、大きなモノから小さなモノまでたくさんしまうことができます。また、最近の跳ね上げ式ベッドはほとんどがガス圧方式のダンパーを装備していますので、マットレスの上げ下げに力が要りません。女性でも楽に操作できます。
女性がバッグをしまっているところ
また、チェストベッドのように多数の引き出しがあるタイプとは異なり、広い空間が1つですので、ラグマットやゴルフバッグといった長モノの収納にも適しています。
跳ね上げの開き方ですが、縦型と横型が用意されています。ベッドサイドにあまり余裕がなく、フット側が開いているような間取りであれば、縦型がおすすめ。一方、ワンルームなどのお部屋でベッドのヘッド・フッドの両側にスペースが取れない場合は、横開きがおすすめです。横開きは間口幅が広くなり、その分奥行きが手の届く範囲となりますので、何かと便利です。お部屋の間取りやベッドの置き方に合わせてお選びください。
縦型と横型
また、寝室に余裕がありサイドにもフット側にもスペースがとれるようでしたら、2台並列置きが可能です。この場合、1台を縦開きとし、もう1台を横開きとすると、使い勝手がよくなります。2台分の収納量があれば、かなりのモノがしまえますので、他に収納家具を置く必要がなくなり、お部屋が広く使えるでしょう。
2台並列使い

■モノの収納のコツ

跳ね上げ式ベッドの収納スペースは、大きな空間が1つです。引き出し式のようにいくつもの空間があるわけではありませんので、しまい方に工夫が必要です。できれば収納ボックスなどを用意して種類ごとに分けて整理するとよいでしょう。その際、よく使うモノとそうでないモノ、重いモノと軽いモノ、大きいモノと小さいモノといった観点からも分類・整理し、置く位置にも配慮しましょう。しかし、どこに置くのがよいのか、なかなか決められないこともあるかもしれません。そんな時は、とりあえず置いて使ってみて直していく、といったことを繰り返していけば、ベストなポジションが見つかるでしょう。
収納例1
収納例2
それと、跳ね上げ式ベッドは、商品によってはレギュラー(浅型)とラージ(深型)があります。深型は床板面が高くなってしまいますが、より大きなモノがしまえますので、収納したいモノが決まっていて、通常のレギュラーでは入らない場合は、ラージを選ぶようにしましょう。大きくて収納場所に困るようなモノはどの部屋にもしまっておくスペースがないものです。こうした大きくなものの収納場所が決まると、お家全体がスッキリとしますので、ぜひ検討してみてください。

インテリア家具を探す

営業日

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
グレーの日は休業日です
  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • BARCELONA CHAIR バルセロナチェア
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  • テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ