HOME > ベッド > 収納ベッド

収納ベッド

引き出し1段タイプ チェストベッド 跳ね上げ式大容量収納ベッド
収納ベッドは、引き出し1段タイプ、チェストベッド、跳ね上げ式大容量収納ベッドの3タイプをラインナップ。収納スペースが足りないお部屋に最適。しまっておきたいモノの大きさや量に合わせて、お選びください。
[並び順を変更]  おすすめ順 価格順 新着順

収納ベッドの種類

収納ベッド(引き出し2〜3杯/1段タイプ)

収納ベッド(引き出し1段タイプ)

最もポピュラーなタイプで、価格も手ごろなモノが揃っています。また、デザインも豊富です。
ベッドリネンや衣類、小物類を収納するのに適しています。


引き出しの反対側の空間が、収納に使えるようになっているタイプもありますが、これは意外と不便です。
布団とマットレスを下ろさないと出し入れできませんので、頻繁に使うモノの収納には不向きです。季節モノなどに限定されるでしょう。


引き出し式の収納ベッドは、ベッドサイドに「引き出しを引き出すスペース」と「作業をする人のスペース」が必要となります。
限られたスペースでのご使用をお考えの場合は、この点には十分にご留意の上、ご検討ください。



チェストベッド(引き出し5〜6杯/2段タイプ)

チェストベッド

チェストベッドは、今、人気急上昇中の収納ベッドです。


通常の収納ベッドの約2倍の収納力がありますので、お部屋の中がモノで溢れている方におすすめです。
お部屋をきれいに整理・整頓できれば、空間全体をおしゃれにコーディネートしやすくなるでしょう。


引き出しのサイズは、浅型と深型の2タイプあるのが一般的で、しまっておきたいモノの大きさに合わせた「区分け収納」ができます。


チェストベッドは引き出し2段となりますので、必然的に床面が高くなります。
そのため、通常は腰掛けやすくなりますが、ご年配の方や小さなお子さんにとっては、かえって使いづらくなってしまったり、危険になってしまったりする可能性があります。
その場合は、ベッドガードなどで対策することをおすすめいたします。


また、床面が高くなることのデメリットとして、「お部屋が狭く感じられるようになってしまう」ことが上げられます。
いわゆる圧迫感が生じます。この点は覚悟しておきましょう。


モノの出し入れに必要となるスペースについては、収納ベッドと同じです。




ガス圧跳ね上げ式大容量収納ベッド(リフトアップベッド)

跳ね上げ式ベッド

今、一番人気はガス圧跳ね上げ式の収納ベッドです。


縦開き・横開き、浅型・深型、ヘッドボード有り・無しのほか、床面が畳仕様になっているタイプ、ヘッドボードに本棚が格納されているタイプ、長さが短めのコンパクトタイプなど、バリエーション豊かで、新商品も次々と登場してきています。


かつては機能面のみが重視されていましたが、最近ではデザイン面にも力を入れたおしゃれなタイプも商品化されるようになってきています。


収納力はバツグンで、マットレスと床板を上げてモノを出し入れするカタチになりますので、ベッドサイドにそれ程のスペースを必要としません。


床板とマットレスの跳ね上げ機構にはガス圧を利用しており、女性でも簡単に開閉できるのは嬉しいポイントですね。


いいことづくめのガス圧跳ね上げ式収納ベッドですが、難点が1つあります。
それは、通常の収納ベッドと比べると高額になるという点です。
商品によっては倍くらいのコストがかかりますので、十分にご検討の上、ご購入を判断されることをおすすめいたします。


ただし、最近では廉価商品もチラホラと出回るようになってきていますので、コスト面がネックになっている方は、小まめにチェックしてみてください。



収納ベッド使用上の注意点

1.湿気対策

収納ベッドはすのこベッド等とは異なり、ベッド下部への通気性が全くありません。
そのため、収納空間には湿気がこもりやすくなります。
その対策として、こまめな換気をおすすめしますが、除湿剤の設置も有効です。


とくに梅雨のシーズンになると、お部屋の環境によりますが、カビなどが発生することがありますので、注意が必要です。
大切な衣類などをしまう場合は、気に掛けるようにしてください。



2.作業空間の確保

上述しましたが、収納ベッド、チェストベッドの場合は、モノを出し入れする際に、ベッドサイドにスペースを必要とします。
この空間が十分に確保されていないと、作業がやりづらくなってしまい、せっかくの便利な機能が逆に不便なものになってしまいます。


寸法上設置可能でも、作業空間の確保までは見落としがちですので、新調・買い換えの際には、忘れずにチェックしてください。


引き出しに収納中の女性

3.ガス圧跳ね上げ式の場合の収納

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの「縦開きタイプ」は、ベッドサイドから出し入れすることができるか、という点をチェックしてください。
左右の空間に余裕がなく、フット側からだけしか出し入れできないと、奥の方の出し入れがたいへんやりづらくなります。


そうした場合は、横開きタイプがおすすめです。


また、縦開き、横開きに限らず、収納空間には間仕切りがありませんので、収納ケースを使うなどして、整理・整頓することをおすすめします。
大きさだけでなく、頻繁に出し入れするモノ、季節モノといった観点からも分類してしまうことがポイントです。


取り出すのが面倒になるようなしまい方だと、せっかくの「収納の利便性」が半減してしまいます。


縦開きと横開きの違い



インテリア家具を探す

営業日

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
グレーの日は休業日です
  • ADVICE インテリアコーディネートワンポイントアドバイス
  • DOWN FUTON 羽毛布団
  • RUG ラグマット
  • ASIAN FURNITURE アジアン家具
  • LE CORBUSIER ル・コルビジェ
  • かしこいベッドの選び方
  • かしこいソファの選び方
  • かしこいテレビ台の選び方
  • 購入前に知っておきたい布団のアレコレ
  • ご不要になった家具の処分について
  • 組み立て・設置と不要家具の引き取りについて
  • インテリア用語集
  • コンパクトソファ
  • テレビ台
  • コンパクトソファ
トップ